田中の研究業績

専門分野

・哲学・倫理学

・ヒューマンインターフェース

・福祉情報工学

・身体技能論

・科学技術コミュニケーション

 

研究業績/Research Achievements

講演/ Talk

招待講演/ Invited Talk

–“現代と古典――役立つ学問とは?:研究者はこの問いに答えるべきでない”,  親鸞仏教センター研究交流サロン, 川井博義氏へのコメント,  Jun. 24, 2016. 

“耳で触れる哲学−哲学ラジオの試み”,中之島哲学コレージュ哲学セミナー, Jun.29, 2012.

-“手話コーパスは何の役に立つか:実験に参加する前に知っておきたいこと”,日本手話学会小研究会,Jul.30, 2011.

– “動きの間にひそむ謎に迫るー手話通訳者と学習者のためのスキルサイエンス”, 江東区聴覚障害者協会文化講演 Feb.6, 2011.

– “学術コンテンツの広報手法について――哲学ラジオの試み”, 第40回情報文化研究会, 國學院大學 Dec. 19, 2010. – “対話の要約としての倫理綱領策定の提案”, 日本手話学会第35回大会シンポジウム, 0ct. 31, 2009.

 

パネルトーク/ Panel Talk

-田中紗織, 村上祐子, 中川雅道, 南部龍佑, 藤波努, 村林充:”哲学を切り開け!”,若手哲学研究者フォーラム, Jul. 17, 2011

 

公開インタビュー/ Interview in Public

-現代哲学ラボ×哲楽 公開インタビュー「森岡正博氏に聴く:ロボット社会における生命」, ホテル&レジデンス六本木, Jul. 25, 2015.

-劇薬ラジヲ×哲楽 公開インタビュー「風間コレヒコさんに会いにゆこう」, ムーンライトブックストア佐倉店, June. 4, 2016.

 

哲学カフェ企画/ Planning Philosophy Café

-哲学カフェ@ムーンライトブックストア 「豊かさとは何か」Dec. 11, 2011

-哲学カフェ@ムーンライトブックストア「愛に理由は必要か」Oct. 29, 2013

-哲学カフェ@ムーンライトブックストア 「防災哲学カフェ」Dec. 7, 2013

-哲学カフェ@ムーンライトブックストア 「疲れとは何か」Jul. 5, 2015

 

対話イベント「現代哲学ラボ」企画/ Planning Dialogue Event, Tokyo Philosophy Lab 

– 第0回準備会 森岡正博「ロボット社会における生命」 July. 25, 2015 

– 第1回 入不二基義「運命論を哲学する——あるようにあり、なるようになるとは?」 Oct. 9, 2015

– 第2回 永井均「哲学の賑やかさと密やかさ」 Dec. 12, 2015 

– 第3回 加藤秀一「「生まれる」ことをめぐる哲学」 Jul. 8, 2016

– 第4回 永井均「〈私〉と〈今〉を哲学する——無内包の現実性とは?」 Sep. 23 ,2016

 

書籍/ Books

-哲学者に会いにゆこう, ナカニシヤ出版, Apr. 30, 2016

 

学位論文/ Ph.D thesis

A Study of Non-linguistic Information in Japanese Sign Language and its Application for Assisting Learners and Interpreters. (日本手話の非言語学的情報と学習者・通訳者支援への応用に関する研究)

学術論文/ Academic Paper

田中紗織,松坂要佐,上原邦昭:

コンピュータを用いた分節学習による手話学習の提案,” ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.9,No.2,pp.61-70.,2007.

S. Tanaka, K. Nakazono, M. Nishida, Y. Horiuchi, A. Ichikawa:

Evaluating Interpreter’s Skill by Measurement of Prosody Recognition,Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence, Vol.23, No.3, pp.117-126, Mar. 2008.

– K. Nakazono, S. Tanaka:

“Study of Spatial Configurations of Equipment for Online Sign Interpretation Service,” IEICE Transaction on Information and System, Vol.E91-D,No.6,pp.1613-1621,Jun., 2008.

田中紗織:

“対話の要約としての倫理綱領:日本手話学会倫理綱領策定準備にあたって,” 手話学研究(寄稿論文), Vol.18, pp.25-30, Oct. 2009.

– 田中さをり

音象徴と図像性:日本におけるヴントの手話学説曲解の歴史,”『現代生命哲学研究』, 第 6 号, pp.1-19, 2016.

– 田中さをり

哲学は視覚イメージ化できるのか──多様な媒体に応じた表現のあり方を探る”(依頼論文), Contemporary and Applied Philosophy Vol.8, 2017.

国際会議論文/ International Conference

– S. Tanaka and H. van der Hulst:

“Non-lexical phase and Emphasis in Japanese Sign Language -a quantitative approach using speed Information-,” Theoretical Issues in Sign Language Research 8, pp.168-170, Oct., 2004.

– S. Tanaka, M. Nishida, Y. Horiuchi and A. Ichikawa:

“Production of Prominence in Japanese Sign Language,” Proceedings of INTERSPEECH – the 9th European Conference on Speech Communication and Technology (EUROSPEECH), pp. 2421-2424, Sep., 2005.

– T. Martha, C. Mauk, and J. Ann and S. Tanaka:

“Sign Phonetics: Directions, Methods, and Applications,” Theoretical Issues in Sign Language Research 9, p.216, Dec., 2006.

-S. Tanaka, M. Nishida, Y. Horiuchi and A. Ichikawa

“An analysis of a skill for the interpretation between Japanese Sign Language and Spoken Japanese”, International Symposium on Skill Science, Sep/2007

– S. Tanaka, K. Nakazono, M. Nishida, Y. Horiuchi and A. Ichikawa:

“Skill-NMS for an indicator of quantitative skill in the interpreters of Japanese Sign Language,” Proceedings of International Symposium on Skill Science (ISSS) , pp. 178-180, Sep. 2007.

– S. Tanaka, Y.Matsusaka and K. Nakazono:

“Interface Development for Computer Assisted Sign Language Learning: Compact Version of CASLL,” 3rd Workshop on the Representation and Processing of Sign Languages(Lrec2008) , pp. 178-184, Jul., 2008.

– S. Tanaka:

“The meaning for code of ethics in the interdisciplinary academic societies,”4th International Conference on Applied Ethics, Nov. 2009

– S.Tanaka, Y.Matsusaka and K.Nakazono:

“Development of e-Learning Service of Computer Assisted Sign Language Learning: Online Version of CASLL”, Workshop Proceedings 4th Workshop on the Representation and Processing of Sign Languages: Corpora and Sign Language Technologies Language Resources and Evaluation Conference (LREC2010) Valletta, Malta, May 2010, pp 231-234

国際シンポジウム/ International Symposium

S. Tanaka:

“What is in QOL?,” International Forum on Disabilities to Mark The End Year of The Asian and Pacific Decade of Disabled Person, Osaka, Japan, Oct., 2002

– S. Tanaka:

“Emphasis in Japanese Sign Language, “Workshop on Sign Language Prosody, Nijimengen, Nederland, Jul., 2004.

 

学会発表/ Presentation

– 田中紗織:

“平等主義的正義論における障害の語られ方,” 情報倫理の展開に向けて13,情報倫理の構築に向けてFINE千葉フォーラム,千葉大学,Dec., 2001 – 田中紗織:

“平等主義的正義論における障害の語られ方-ロールズ,セン,コーエンを中心に,”哲学者若手フォーラム,八王子セミナーハウス,Jul., 2002.

– 田中紗織, 西田昌史,堀内靖雄,市川熹:

日本手話におけるプロミネンス:その産出メカニズムに関する予備的研究,電子情報通信学会技術研究報告,WIT05-10, pp.35-55, May,2005. – 田中紗織,松坂要佐,上原邦昭:

“コンピュータを用いた分節学習による手話学習の提案,”日本手話学会大会予行集,pp.9-12, Jun., 2006. – 田中紗織,西田昌史,堀内靖雄,市川熹:

日本手話の文意と韻律,ヒューマンインタフェース学会研究会報告集,Vol.9,No.1,pp.13-17,Mar.,2007.

– 田中紗織,中園薫:

“工学的応用のための手話と音声言語におけるノンバーバル・コミュニケーション周辺用語の再定義,”ヒューマンインタフェース学会シンポジウム論文集,pp.471-474,Sep., 2007.

– 中園薫,田中紗織:

オンライン手話通訳にける機器類の配置に関する検討,”電子情報通信学会技術研究報告,HIP2007-144, pp.85-90, Dec., 2007.

– 田中紗織:

学際的な学術団体における倫理綱領の意義-手話学研究を事例として,”電子情報通信学会技術研究報告, vol.109, No.217, SITE2009-33, Oct., 2009.

– 田中紗織, 中園薫:

手話通訳者のスキルサイエンスと対人援助サービスへの応用可能性に関する考察,” 身体知研究会, Sep. 5, 2010.

– 田中紗織, 松坂要佐, 中園薫:

手話動作のリズムを意識させる手話学習システムの開発,” 身体知研究会, Nov. 16, 2012.